Statement

Words intrigue me.

Words are pivotal to how people and objects build relationships in this world. Words enable us to communicate with each other, and understand each other. Yet words can also cause us to clash, unable to achieve that understanding. As humans we are also slaves to the utter convenience of words. 

 

For a number of years now I’ve been using the word LOVE in works. It’s probably the most recognized word in the world. In Japanese it is ai.Many people place great weight on having love in their lives. According to Google the word love means 1) a great interest and pleasure in something, 2) an intense feeling of deep affection. Open a dictionary and you may be able to express this meaning concisely, but is the love sought by every individual really that same, standard word from the dictionary? Interrogating this forms the starting point for my work.This question could just as easily apply not only to the word “love” but to many other words we use so casually. We communicate with other people, including those of different genders, locations, and histories, amid words of standardized meaning. We are able to understand each other because we have words, but perhaps sometimes we are also separated by having words. If we are indeed enslaved by words, the question is, how to free ourselves? Employing different methods, I attempt to do so through my works. 

 

“NEON – Shape of your words”

I take people’s words and present those words as portraits.To paint portraits of those words, I use neon signs. This work emerged when it struck me that the structure of words and that of a neon sign are similar. Just as words always have a meaning, neon has electrical wiring and framing that support the glass tubing and enable it to give off light. One cannot function without the other: the glass tube being the “shape of the word” and the wiring and frame that exist behind it, the “meaning of the word.”I faithfully reproduce words handwritten at my request by people I know to make the neon motifs, then render these on canvas down to the finest detail, in an attempt to present to the viewer the shapes of people’s words as clearly unique entities in their own right.

 

“The first object”

This series depicts things encountered in everyday living that are made to be consumed then thrown away, such as an empty toilet roll, a fried chicken bone, and confectionery packaging. I place these discarded items on the table, direct light at them, and paint them, dismantling the raison d’etre assigned to each item to depict that item as an object just sitting there.

 

 

“Golden objects”

For this series I obtained gold-colored items from various sources, painted them on pieces of wood, and arranged them in a row. Gold—as both color and material—has been seen as valuable since ancient times. These days, whether it be genuine gold, or gold plate, there are many things in the world covered in a thin film of goldenness. In this work, by painting a few dozen gold-colored objects I actually acquired, giving them equal value as paintings through the material of paint, and displaying them in a totally non-hierarchical manner, I have nullified their value in words. 

 

In each of these series, I show objects liberated from words to simply exist. Taking roles and words we take for granted in contemporary society and reinterpreting conventional assignments of value, allowing the beauty of existing to emerge before the viewer’s eyes: these for me are the conditions for painting.

私は言葉に興味がある。

この世界は言葉を一つの軸として、人や物が関係を築いている。言葉があることで、互いに意思を伝えたり、理解し合うことができる。しかし、言葉によって理解し合えずぶつかり合うこともある。私たち人間は非常に便利な言葉に囚われてもいる。

 

数年前から作品でLOVE という言葉を使用している。世界中の人々に最も知られている言葉だと思う。日本語訳では「愛」。多くの人々が人生において愛に重きを置いている。LOVE の意味は、1. 何かへの大きな関心と喜び。2. 深い愛情。(Google 調べ)であるようだ。辞書をひらけば、意味を簡潔に表すことができるが、人々がそれぞれに求めているLOVE は辞書で統一された言葉なのだろうか。私の制作は、この問いから出発している。これはLOVE という言葉のみではなく、私たちが何気なく使用している様々な言葉に当てはまる。私たちは意味が統一された言葉の中で他者とコミュニケーションをする。異なる性別、場所、歴史を持つ人々と。言葉があるから通じ合えるが、言葉があることで分断されることがあるのではないか。もし私たちが言葉に囚われているとしたら、どのように解放できるのか。私は作品を通して様々な方法でそれを試みている。

 

<NEON - Shape of your words->

私は人々の言葉をポートレイトとして描いている。言葉のポートレイトを描くために、ネオンサインを使用する。この作品は、言葉の構造とネオンサインの構造が類似しているという気づきから生まれた。言葉には必ず意味が存在するように、ネオンにはガラス管を支え、光りを放つための配電線やフレームが存在する。それらはどちらが欠けても成立しない。ガラス管は「言葉の形」に、背後に存在する配電線やフレームは「言葉の意味」。モチーフのネオンは、知人に書いてもらった肉筆を忠実に再現し、そのネオンを隈なく描く。人々の言葉の形をはっきりと唯一の存在として目の前に表す試みである。

 

<The first object>

生活の中で出会ったトイレットペーパーの芯、フライドチキンの骨、お菓子のパッケージなど消費され捨てられる役割を持った物を描いたシリーズである。破棄される物を机に置き、光を当て描く。その物に与えられた存在意味を解体し、物体がただそこにある事を描いている。

 

<Golden objects>

金色の物を様々な場所で入手し、それを木片に描き一列に並べたシリーズである。金は、色としても物質としても昔から価値のあるものとされてきた。現在、世の中には本物の金であれメッキであれ、様々なものが金色という膜で覆われている。この作品では、実際に入手した金色の物のみを数十点描き、絵具という物質において絵画上で価値を均一化し、それらを優劣なく一列に並べることで、言葉における価値を無効化している。

私は各シリーズを通して、言葉から解放された物たちがただそこに存在することを表している。現代社会において、当たり前にある役割や言葉を前に、既存の価値づけを捉え直すこと。そして在るという美しさを目の前に立ち上がらせること。それが私にとって絵画を成立させる条件である。